WindowsでのPythonのパスの取得方法とエディタVisual Studio Codeに設定する方法

WindowsでPython.exeへのパスを取得して、Visual Studio Codeに設定する方法の解説

今やすっかりプログラミング初心者を含め、ちょっとしたプログラミングのエディタはVisual Studio Codeの一強時代になりましたね。

個人的にはずっと使ってきたAtomのほうが好きなんですが、Atomと変わらない多機能さ、そしてAtomと比べると圧倒的な軽快に動作することなど、やはりVisual Studio Codeは素晴らしいエディタです。

私も最近Atomから本格的にVisual Studio Codeに乗り換えました。そのあたりはまた別の機会に記事にしようと思います。

さて、Visual Studio CodeでPythonプログラミングを始めるにあたってはいろいろ設定しなくてはいけないものがありますが、今回はそのうち、「PythonのパスをVisual Studio Codeに設定する方法」について解説を行います。

今回の記事の中心的内容は以下の2つです。

  • Pythonのパスを取得する方法
  • それをVisual Studio Codeに設定する方法

です。

Visual Studio Codeの設定を開く方法

まずはVisual Studio Codeの設定画面を開きましょう。次の画像を参考にしてください。

PythonとVisual Studio Codeの使い方

まずメニュー「ファイル」をクリック。次に「ユーザー設定」を選択、そして「設定」をクリックです。

こうすると次の画面となります。

PythonとVisual Studio Codeの使い方

Pythonのパスを入力するのは、この設定項目の中の「Python: Default Interpreter Path」という項目です。しかし、設定項目が大量にあるので、これをいちいち探すのが面倒です。

そこで画面上部の入力に「python default path」と入力して検索しましょう。そうすると、それに一致する項目「Python: Default Interpreter Path」がすぐに登場します。

この画面はこのままにしておきます。

では次に当該項目に入力するPythonのパス(Python.exeへのパス)を取得する方法を解説します。Python.exeへのパスというのは、ようするにパソコンの中のどこにPython.exeがあるのか、という住所情報です。乱暴にいえば、インターネットでいうところのURL(アドレス)です。

WindowsでPython.exeのパスを取得する方法

まずはキーボードでWindowsキー(Windowsのロゴが印刷されているキー)を押します。

そうすると次のようなスタートメニューの画面が登場します。

PythonとVisual Studio Codeの使い方

このとき、スタートメニュー下部に検索語句を入力する欄が登場するので、そこに「python.exe」と入力して決定。

そうすると検索結果が上に表示されるので、python.exeを右クリック。

「ファイルの場所を開く」という項目が出現するので、それをクリック。これでエクスプローラーが立ち上がり、python.exeが入っているフォルダが表示されます。次の画像がそれです。

PythonとVisual Studio Codeの使い方

python.exeがきちんとありますね。

次にそのエクスプローラーの上部のメニューのうち、「ホーム」をクリックします。

そうすると、「パスのコピー」という項目が登場します。これを使います。

PythonとVisual Studio Codeの使い方

あらためてpython.exeを選択しましょう。

そして「ホーム」を押してから、出てきた「パスのコピー」をクリックしてください。

これでpython.exeへのパスを取得できました。

PythonとVisual Studio Codeの使い方

あとはVisual Studio Codeに戻って、上画像の「ここにpython.exeのパスを入力」という部分に、コピーしたpython.exeへのパスを貼り付けてください。

このときコピペした時点では、パスは「”~”」(ダブルクオテーションで挟まれた情報)になっていると思います。

コピペした時点:"C:\Users\~\Local\Programs\Python\Python38\python.exe"
(ダブルクオテーションで挟まれている)

実際に入力するとき:C:\Users\~\Local\Programs\Python\Python38\python.exe
(ダブルクオテーションを省く)

しかし、このようにそのダブルクオテーションはいらないので消して入力しましょう。

以上、Visual Studio CodeにPython.exeのパスを入力する方法でした。

実際にはVisual Studio CodeでPythonのプログラミングを始めるためには、他にもすべきことがありますが、あまりPCに詳しくない人や全くのプログラミング初心者にはこのパスの入力が一番手間取るのではないかなと思って、今回解説しました。

では、良いプログラミングライフを。

もしみなさんがこれからのプログラミング学習や転職などに悩みがあるならば、現役エンジニアから学べるプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]でオンライン講座を受講するのも良いと思います。1人で悩みながら学習を進めるよりもわかりやすく、費やす時間も少なく合理的・効率的に学習できるからです。

Webマーケティングコース

Webアプリケーションコース

データサイエンスコース

機械学習の基礎が学べる「Pythonコース」

など各種の講座が用意されていますので、自分の未来に沿った講座が見つかります。無料で体験できるテックアカデミー無料体験も用意されていますのでお得に利用してみてください。

初心者におすすめプログラミングスクール