【iPad使い方】iCloudにiPadのバックアップを作成する方法

iPadの便利の基本。iCloudにバックアップを作る方法

今回はiPadのバックアップをiCloudに作る方法の解説です。Apple製品はiCloudを使って各製品間のスムーズな連携・管理が行えます。

たとえば、iPhoneを新しいiPhoneに買い替えたときもiCloudに重要な全ての情報が保存されているため、Appleユーザーはワンクリック(はいいすぎかもしれませんが)で古いiPhoneの情報が全て新しいiPhoneに受け継がせることができます。機種変が非常に便利なのですね。

これはiPhoneだけでなくiPadでもMacでも同じですね。Apple製品で揃えることの最高のメリットです。

それではiPadでiCloudにバックアップを作成する方法を解説します。

iPadのバックアップをiCloudに作ろう

実はiCloudの設定をオンにしておけば自動的にかつ定期的にiPadのバックアップは作って、iCloudに保存してくれます。

しかしその自動バックアップ機能をONにしていない人もいるでしょうし、なんらかの理由でバックアップ機能が上手く働いていなかったということもあるでしょう。そんなときは次の手順でバックアップを作成しましょう。

iPadのバックアップをiCloudに作成する方法

まずはiPadのホーム画面で「設定」のアイコンをタップします。

iPadのバックアップをiCloudに作成する方法

次に上画像の矢印のところをタップします。自分が設定した自分の名前と自分の画像が表示されている部分です。

iPadのバックアップをiCloudに作成する方法

そうすると、この上画像の矢印のところに「iCloud」という項目がありますので、そこをタップします。

iPadのバックアップをiCloudに作成する方法

そうするとこのような画面となり、「iCloudのバックアップ」という項目がスクリーンの下のほうに登場します。上画像の矢印のところです。

そこをタップします。

iPadのバックアップをiCloudに作成する方法

ここまでくると、「今すぐバックアップを作成」という項目が登場するので、今すぐバックアップを作りたいならばこれをタップします。

すると自動的にバックアップが作られ、そして自動的にiCloudに保存されます。

以上で完了です。お疲れさまでした。

一番最初で書いたように基本的にはiCloudの機能がオンになっていれば勝手にバックアップが作成され保存されるわけですが、たまになんらかの理由でそれが上手く作成されないこともありますので、そのときはこんなふうに手動で動かしてみてください。

やっぱりプログラミングは独学だとわかりにくいですよね、そこでスクールや動画による解説を利用しましょう!

Tech Academy

厚切りジェイソンのCMでおなじみのプログラミングスクール。自宅でオンライン受講OK。現役のプロが一人一人に専属メンターになってくれ、質問すればすぐに回答。転職保証あり

Udemy

世界最大級のオンライン学習動画サービス。AI・データサイエンスなど最先端のプログラミング講座からビジネススキル講座まで10万以上の講座から選び放題。講師に掲示板から直接に質問もできる。