Address
304 North Cardinal St.
Dorchester Center, MA 02124

Work Hours
Monday to Friday: 7AM - 7PM
Weekend: 10AM - 5PM

Pythonのpipで更新可能なモジュール・ライブラリの確認

Pythonのpipで更新可能なモジュールなどを確認し、その一覧をリストにして外部テキストファイルに書き出す方法

Pythonのpipで更新可能なモジュールなどを確認し、その一覧をリストにして外部テキストファイルに書き出す方法

今回はPythonのpipを使って、インストールされているモジュールやライブラリなどの中で、どれが更新可能かを確認し、その更新可能なモジュールなどを一覧にして外部テキストファイルに書き出す方法を紹介します。といってもやることはたいしたことありません。

仮に使っているPythonのバージョンを3.11とします。

Windowsの場合

まずWindowsの場合は、コマンドプロンプトやPowershellなどを起動して次のようなコマンドを入力して実行します。

py -3.11 -m pip list -o > 外部テキストファイルへのパス(住所)

たとえば、デスクトップにおいてあるフォルダ「VSCode_Worspace」の中に、「modules_to_update.txt」という名前で保存したいときは、次のように入力します。

py -3.11 -m pip list -o > "C:\Users\hogehoge\Desktop\VSCode_Workspace\modules_to_update.txt"

Pythonのバージョンや保存先のパスなどは各自の都合にあわせて書き換えてください。

これを実行すると、更新可能なモジュールなどだけがリストになってそのテキストファイルに保存されます。

ちなみに私の場合ですが、そのテキストファイル「modules_to_update.txt」の中身は次のようになりました。

pipで更新可能なモジュール確認

Macの場合

Macの場合もやることは同じです。ターミナルを起動して、

python3.11 -m pip list -o > 外部テキストファイルへのパス

あとはWindowsの場合と同じです。

愛を分かち合いましょう