Windows10の電卓アプリで2進数、8進数、10進数、16進数へ変換する方法

Windows10の電卓アプリの使い方と、10進数を2進数、8進数、16進数へ変換する方法

今回はプログラミング初心者だけに限らず、中高生の数学の勉強にもなるかもしれないWindowsの便利機能の紹介で、Windows10に搭載されている標準の電卓アプリの使い方です。

Windowsの電卓アプリを使って、ある数字を2進数、8進数、10進数、16進数に簡単かつすぐに変換できる方法を紹介します。

2進数、8進数、10進数、16進数へ変換する方法

まずWindows(この記事ではWindows10を前提としています)の電卓アプリを起動させます。Windowsキーを押して、検索窓で「電卓」と入力すれば電卓アプリのアイコンが現れるでしょう。

立ち上がった電卓アプリの上部にあるハンバーガーメニュー(”≡”のマーク)をクリックしましょう。下の画像を見てください。

Windowsの電卓の使い方と2進数・16進数への変換

このとき、ハンバーガーメニューの横には「標準」と書かれていることを心にとめておいてください。

次に、ハンバーガーメニューを展開して出てきた項目から、「プログラマー」を選んでクリックしましょう。それが下の画像です。

Windowsの電卓の使い方と2進数・16進数への変換

そうすると、さきほどのハンバーガーメニューの横の文字「標準」が「プログラマー」へ変わります。

Windowsの電卓の使い方と2進数・16進数への変換

さらに、アプリ内にHEX、DEC、OCT、BINという文字が登場します。

  • HEX:16進数
  • DEC:10進数
  • OCT:8進数
  • BIN:2進数

を表します。

あとは上の画像のように、たとえば「8」をクリックして数値を入力します。

Windowsの電卓の使い方と2進数・16進数への変換

そうすると、さきほどのHEX、DEC、OCT、BINの横にそれぞれ8、8、10、1000と表示されます。

これはそれぞれ、

  • 16進数(HEX)では8
  • 10進数(DEC)では8
  • 8進数(OCT)では10
  • 2進数(BIN)では1000

という数字になる、という表示です。

これである数字が、16進数、10進数、8進数、2進数でどのような数字に変換されるのかがわかります。

○進数の数字専用入力モードへ変更する

Windows10で2進数、8進数、10進数、16進数へ変換する方法

なお、上画像のようにHEX、DEC、OCT、BINのある項目をクリックすると、各進数専用の入力モードへ変化します

試しにBINの項目をクリックしてみましょう。

Windows10で2進数、8進数、10進数、16進数へ変換する方法

数字のボタンが「0」と「1」だけになっているのに着目してください。これは2進数専用の入力モードです。これで、「100」と入力すると、「2進数で100だったら他の進数ではどうなる?」ということもわかります。

やっぱりプログラミングは独学だとわかりにくいですよね、そこでスクールや動画による解説を利用しましょう!

Tech Academy

厚切りジェイソンのCMでおなじみのプログラミングスクール。自宅でオンライン受講OK。現役のプロが一人一人に専属メンターになってくれ、質問すればすぐに回答。転職保証あり

Udemy

世界最大級のオンライン学習動画サービス。AI・データサイエンスなど最先端のプログラミング講座からビジネススキル講座まで10万以上の講座から選び放題。講師に掲示板から直接に質問もできる。