Anaconda環境でのモジュール(ライブラリ)のImportの注意点。インストールはpipは使わないほうがいい

Anacondaを使っている場合は、モジュール(ライブラリ)のインストール先に注意。



今回は、Anacondaを使ったPythonのモジュール(ライブラリ)を新しくインストールする方法を紹介します。そのモジュール(ライブラリ)は、Anacondaには含まれていなかったものです。

(1) 私がはまった罠:importしたのに使えない



今回Pythonで私が作ろうとしていたのは、ブログのRSSフィードを自動的に読み込むプログラムでした。そのために、feedparserというモジュールを、「pip」を使ってインストールしました。


そして、Pythonのコードで実際に「import feedparser」と書いてからコードを書いていきました。しかし、何度実行してもエラーがでます。内容は「そもそもモジュールが定義されていないから、それを使用したコードは意味ないよ」みたいな感じのものでした。

ここで、私はだいぶ混乱しました。「あれ?インストールしたのになんで?」と。

(2) 何が問題だったのか?



そして少しWEB上を検索して回った後にふとひらめいたのが、「自分はAnacondaを使っているのだから、Anacondaフォルダにあるライブラリ専用フォルダにインストールしないとダメなのではないか?」ということでした。

Anacondaを使って開発していると、Anacondaフォルダ内部に含まれているモジュール(ライブラリ)をimportして使うのであって、それらは全てAnacondaフォルダの内部に存在します。よって、importされるモジュールは、Anacondaフォルダの中に存在している必要があるわけです。

Anacondaを使わないで開発する場合は、通常はモジュール(ライブラリ)のインストールにはpipを使います。しかし、これではAnacondaフォルダとは関係のない場所にインストールされてしまいます。

ようするにインストールする場所が問題でした。



(3) Anacondaを使っているならば、「conda」コマンドでモジュールをインストール


そこで、Anacondaを使っているならば、それ専用の「conda」コマンドを使ってインストールしましょう。

conda install [name]



condaコマンドはこういう書式となります。Windowsのコマンドプロンプト上でこれに従い入力しましょう。feedparserというモジュールをインストールするならば、

conda install feedparser



と入力して実行しましょう。

AnacondaでのPythonモジュールのインストール方法
Windows コマンドプロンプト上での、AnacondaでのPythonモジュールのインストール画像1



「conda install feedparser」と入力して実行してからは、ちょっとだけ間があって上のような画面となります。

そして、次にインストールが始まります。

AnacondaでのPythonモジュールのインストール方法
Windows コマンドプロンプト上での、AnacondaでのPythonモジュールのインストール画像2


このような画面になれば無事にインストール完了です。

このようにしてやっと、Pythonのコードで

import feedparser



と書いて、feedparserが使えるようになりました。




以上のように、Anacondaを使っている人は、「pip」によるインストールではなく、Anacondaが提供している「conda」機能を利用してモジュール(ライブラリ)のインストールをしたほうが良いでしょう。