エディタGutenbergでのShortcodes Ultimateの基本的な使い方。どうやってリンクボタンを作成するか。



もうずいぶんと前にWordpressのエディタがGutenbergという新しいエディタに変わりました。今でも賛否両論のある変化となりましたが、みなさんどうでしょうか。

今回は、Wordpressの有名かつ超便利なプラグインShortcodes Ultimateを、新エディタGutenbergのビジュアルエディターモードでどう使うか、その超基本的な使い方を説明します。

Shortcodes Ultimateは非常に多機能ですが、今回は、その機能の1つ、アフィリエイトやAmazonアソシエイトのリンクを備えたリンクボタンを作る方法を解説します。



新しいブロックの追加とショートコードウイジェット



まずはエディタでいつもどおり、新しいブロックを追加するために、エディタ中の「ブロック追加」ボタンを押しましょう。記号+が〇で囲まれているボタンですね。上画像の矢印で示しているボタンです。

WordpressプラグインShortcodes Ultimateの使い方
WordpressプラグインShortcodes Ultimateの使い方

続いて、Gutenbergのビジュアルエディターモードのまま、作成するブロック要素の選択ウインドウから、ウイジェット項目をクリックします。

WordpressプラグインShortcodes Ultimateの使い方



次にウイジェット項目の中にある、ショートコードという項目をクリックします。

WordpressプラグインShortcodes Ultimateの使い方


そうすると上画像のような表示がでてくるので、画像中の矢印の部分、「ショートコードを挿入」という項目をクリックします。

WordpressプラグインShortcodes Ultimateの使い方



すると、このような画面が登場します。

今回はアフィリエイトやAmazonアソシエイト用の「リンクボタン」を作成する方法の解説ですので、「ボタン」という項目をクリックしましょう。画像の矢印ところです。ハートマークがついてる項目ですね。

各種項目の設定



Shortcodes Ultimateでリンクボタンを作るときは、リンク先アドレスはもちろん、サイズ、デザイン、色、その他さまざまなことを設定できます。以下、簡単に説明します。

WordpressプラグインShortcodes Ultimateの使い方



上画像のような画面が出現します。一番上に「リンク」という項目がありますので、そこにアフィリエイトサイトやページ、おすすめしたい商品へのリンク(アドレス)を記述しましょう。https://amazon~とかですね。

WordpressプラグインShortcodes Ultimateの使い方



2番目の項目「ターゲット」ですが、まぁ今の時代は「Open in the same tab」(つまり、同じタブでリンクを開く)のままで良いでしょう。ネットを支配するGoogle様は、「余計な挙動」をさせる情報を記述するのを嫌う傾向がありますから。

WordpressプラグインShortcodes Ultimateの使い方



「スタイル」こう項目は、ボタンのデザインを変更できるというものです。プルダウンメニューでお好きなデザインを選んでください。私は基本的にいつもデフォルトかフラットです。シンプルイズベスト(めんどくさいだけ)です。

WordpressプラグインShortcodes Ultimateの使い方



「背景」項目では、ボタンの背景色を変更できます。カラーコードを記述する部分のフォームをクリックすると、このようにカラーチャートをマウスで選べる画面が出てくるので、好きな色を選びましょう。みなさんのWEBサイトや記事ページの色にあわせた、統一感のある色が良いと思います。ただし目立たないと意味がないので、ある程度目立つ色にしましょう。

あとは心理学的に買い物意欲をそそる色にするのもいいですね。色彩心理学では「赤色」が購買意欲をそそる色らしいです。逆に、知性・信頼性をアピールするなら青色が良いらしいです。

項目「テキストの色」でも、同じように色を設定してください。もちろん背景色に紛れない色を選びましょう。

WordpressプラグインShortcodes Ultimateの使い方



さらに、ボタンの大きさも変更できます。上画像のように「サイズ」という項目があるので、スライダーを変化させてサイズを選びます。


それに関連して「半径」という項目ありますが、さほどデザインにこだわりがなければ、「自動」を選んでおけば間違いありません。もしこだわるのであれば、いろいろ試してみましょう。

WordpressプラグインShortcodes Ultimateの使い方



他にもいろいろ設定できる要素がありますが、基本的に一番重要な設定事項は次の6つです。

  • リンク
  • デザイン
  • 背景色
  • テキスト色
  • サイズ
  • ボタン内部の文字



これら6点だけしっかりと設定していれば他の項目は全部、最初のまま・デフォルトのままで、一切いじる必要はないとも思います。実際、私もそれら上記5つ以外の項目はまずいじらないです。

もちろんデザインにこだわったり、SEOの観点からいろいろ設定してみるのも良いでしょう。

出来上がったボタンをプレビューで確認した後、実際に記事に挿入



いろいろ設定したところで、その段階ではボタンがどんな風な見た目になるのかわかりません。そこで、ライブプレビュー機能を使って、実際に記事に挿入する前に、できあがったボタンを事前に確認してみましょう。

WordpressプラグインShortcodes Ultimateの使い方


最後に、「コンテンツ」項目で、ボタン上に表示される文字を入力しましょう。宣伝文句となりますから、一番重要な要素ですね。わかりやすく、短く、リンク先がどんな場所なのか記載しましょう。

さて、各種項目の設定が終われば、あとは「ライブプレビュー」というボタンが下部に出てきていますので、それをクリックして、実際のボタンがどんな風に出来上がったのかを確認しましょう。上画像の矢印が示すところのボタンです。

WordpressプラグインShortcodes Ultimateの使い方



プレビューという項目に、今作ったボタンが現れます。それでOKならば、その下にある「ショートコードを挿入」というボタンを押せば、記事中に今回作ったリンクボタンが挿入されます。

もしデザインに不満ならば、また設定を変えてライブプレビューで確認しながら作り直していきましょう。

以上、初歩的で簡単な説明となりましたが、WordpressプラグインShortcodes Ultimateの使い方を説明しました。

稼げる実力を身につける、就職や転職で勝つために

Tech Academy

厚切りジェイソンのCMでおなじみのプログラミングスクール。自宅でオンライン受講OK。現役のプロが一人一人に専属メンターになってくれ、質問すればすぐに回答。転職保証あり

Udemy

世界最大級のオンライン学習動画サービス。AI・データサイエンスなど最先端のプログラミング講座からビジネススキル講座まで10万以上の講座から選び放題。講師に掲示板から直接に質問もできる。