【実録】ブログ(サイト)名の変更がSEOに及ぼす影響。PV・アクセス数が10分の1に激減

ブログ名・サイト名の変更の影響とは?AISEOでブログの名前を変更したら、Google AnalyticsのリアルタイムPV(アクセス)数が9割も減った体験談

みなさんはブログの名前やWEBサイトの名前を変えたいと思ったことはありませんか?そこで気になるのは、SEO上の悪影響です。すなわちアクセス数・ページビュー(PV)数が減ってしまうのではないかという心配があるでしょう。

今回はその点について、私が運営している別のブログでの体験談です。参考になれば幸いです。

ブログ(サイト)名をどのように変更したのか?

最近WordPressでおなじみのSEOプラグイン「All In One SEO」がメジャーアップデートされて、大きく変わり、「AIOSEO」として生まれ変わりました。

UIも変わり、様々な設定がわかりやすく・やりやすくなりました。

そこで私は、運営している別のブログ(メインのブログ)でバージョンアップしたAIOSEOを操作し、試しにブログ名を「すこしだけ」変更してみました。以下のように変更しました。

旧:英語だけのブログ名
新:英語だけのブログ名+その日本語(カタカナ語)

という感じです。例えば以下のような感じです。

旧:Apple Mac Blog
新:Apple Mac Blog l アップルとマックの情報ブログ

という感じにしました。

なぜそうしたかというと、日本人向けのブログですので、日本人が相手です。そして日本人で英語を使って検索するのは少数派でしょう。「Blog」よりも「ブログ」で検索するのが圧倒的多数でしょう。そこでカタカナ語も組み込んだほうが良いのではないかという意図でした。

すなわち、ブログコンテンツからかけ離れた名称にしたわけではなく、あくまで旧名称と同じ意味を持つ情報(単語)をつけくわえただけということです。ただそれだけの変更です。

作業としては、AIOSEO上だけでその変更をしただけで、

・WordPressそのもの設定はいっさいいじらない
・Google Analyticsの設定や、サーチコンソール上の設定なども何もいじらない

というように、AIOSEOだけいじり、その他のサービス・プログラムには一切の変更を加えず、旧ブログ名のまま放置していました。

この変更作業は4月8日の16時30分ごろに行いました。

PV(アクセス)が1/10に激減!

そして悲劇が私を襲いました。

普段私のメインブログは、昼の12時~13時の間でGoogle Analytics上のリアルタイムPV数がだいたい平均70~100といった数字になっています。

しかし、翌日4月9日の昼間にGoolgle Analyticsでリアルタイムデータを確認すると、なんと最大7人とかになっていました。ひどいときには1人という表示です。リアルタイムでのPV数が10分の1になりました。もちろんブログ名の変更後からその時間帯までの総PV数も激減です。

正直、血の気が引きました。一体何が起こっているのかと一瞬頭が真っ白になりましたが、すぐにブログ名変更が原因だと悟りました。

ただ1つ救いがありました。それはGoogle Adsense上のデータです。

基本的にGoogle AnalyticsでのPV数のデータと、Goole Adsenseでのそれは別の独立したデータです。

そこでAdsense上のデータを見ると、そちらは収益もPV数もいつもより少し少ないぐらいの値でした。収益性に直結する広告単価は日によってけっこう変動しますので、なんともいえないですが、少なくともPV数・アクセス数はほとんど変わっていないとわかりました。

すなわち、「Google Analyticsで表示されるデータだけ」がおかしくなっていて、実際のPV数や訪問者数はなんら変わっていなかったのです。つまり、実際のデータと、Google Analyticsの表示がかなり乖離していたわけです。

ようするにGoogle Analytics上だけの問題だと理解できました。実際にお客さんが激減したわけではなかったのです。

こういったことがわかり、ホッと胸をなでおろしました。

その激減具合をGoolgle Analyticsのスクリーンショット画像で説明できれば「ネタ的に美味しい」のですが、同サービスの画像を掲載することは規約違反のようなのでそれができずに残念です。

ですが、念の為にサーチコンソールでサイトマップを再び送信し、その情報を更新しておきました。

およそ24時間で回復

さて、上述のように「Goolgle Analytics上の表示だけ」でPVが激減していたわけですが、およそ24時間が経過してからは、Goolgle Analyticsでの表示もいつも通りに戻りました。

(なお可能性としては、当日のGoolgle Analyticsそのものが世界中でバグっていたという可能性も考えれますが、それはさすがにないとしてこの記事を書いています)

結論:ブログ(サイト)名の変更は基本的にはおすすめしない

今回、Google Analytics上でのPV激減を経験した私のメインブログは、検索からのユーザーが大部分を占めますが、ブログ名そのものを検索してやってくる「固定客」がほとんどです。

したがって、一般的な検索ユーザーを対象にしているブログ(サイト)とは事情が異なるかもしれません。

ですがどちらにしろ以上のような私個人の経験からすると、ブログ名(サイト名)の変更はやはり心臓に悪いので基本的にはおすすめしません。

しかし、明らかにSEO上不利な名前で運営している場合は変更の必要性とメリットはありますし、上述のように一時的にPV数が激減しても、時間が経てばもとにもどる、あるいはそれ以上になることもあります。

したがって、覚悟が必要ではありますが、変更直後の減少に狼狽せず、少なくとも数日は様子を見てみるということが重要だと思います。

もちろんブログ(サイト)名変更の際には、

・サーチコンソールでのサイトマップ送信(更新)
・各アフィリエイトサービスでの登録しているサイト情報の更新
・WordPressの設定の更新
・Google Analytics上の設定の更新

といった情報の更新・修正作業はしておいたほうが良いでしょう。

初心者におすすめのプログラミングスクールとオンライン学習動画サイト

Tech Academy

厚切りジェイソンのCMでおなじみのプログラミングスクール。自宅でオンライン受講OK。現役のプロが一人一人に専属メンターになってくれ、質問すればすぐに回答。転職保証あり

Udemy

世界最大級のオンライン学習動画サービス。AI・データサイエンスなど最先端のプログラミング講座からビジネススキル講座まで10万以上の講座から選び放題。講師に掲示板から直接に質問もできる。