Amazonアソシエイトの新機能「アイデアハブ」とは?使い方とメリットは?

Amazonアソシエイト「アイデアハブ」について



アマゾンアソシエイトに新機能「アイデアハブ」が実装されました。今回はそのアイデアハブについて簡単に紹介します。

使い方とメリットは?


(1) 使い方

Amazonアソシエイト「アイデアハブ」
Amazonアソシエイト「アイデアハブ」その1



さっそく使ってみましょう。まずはアマゾンアソシエイトにログインして、そのトップページから、上画像のように「プロモーション」→「アイデアハブ」を選択しましょう。

そうすると↓画像のようなページが登場します。

Amazonアソシエイト「アイデアハブ」
Amazonアソシエイト「アイデアハブ」その2



「リンクを取得する」というボタンが見えますね。また、上部には「コンテンツのタイプ」「カテゴリー」「並び替え」といった3つのプルダウンメニューが見えます。

これでもうお分かりだと思います。それらプルダウンメニューで項目を選択することで、商品紹介リンクを作成したい商品を限定することができるわけです。

Amazonアソシエイト「アイデアハブ」
Amazonアソシエイト「アイデアハブ」その3



そして実際に「リンクを取得する」ボタンを押して、商品紹介リンクを作ってみます。

Amazonアソシエイト「アイデアハブ」
Amazonアソシエイト「アイデアハブ」その4



このようにリンクが表示されます。あとは、これまでどおりブログなどにこのコードをコピペするだけですね。



(2) メリット

このアイデアハブという新機能は、個別の特定の、すでに商品リンクを作ろうと決めている商品のリンクを作るためにあるというよりは、既存または今後のキャンペーンやセールの対象となっている「商品”群”」の情報を、まとめて検索・閲覧・管理するための機能だと言えるでしょう。

これまではKindleならKindleのページを見てセールやキャンペーンの情報をチェック、文房具ならば文房具のページを見てそれらをチェックする必要がありましたが、今回のこのアイデアハブにより、そういった各カテゴリーのキャンペーン・セール情報を1つの画面(ページ)でまとめてチェックすることが可能となりました。

この点に今回の新機能のメリットがあると思われます。ちょっとした利便性の向上という感じでしょうか。

稼げるプログラミングスキルを手に入れるために

Tech Academy

厚切りジェイソンのCMでおなじみのプログラミングスクール。自宅でオンライン受講OK。現役のプロが一人一人に専属メンターになってくれ、質問すればすぐに回答。転職保証あり

Udemy

世界最大級のオンライン学習動画サービス。AI・データサイエンスなど最先端のプログラミング講座からビジネススキル講座まで10万以上の講座から選び放題。講師に掲示板から直接に質問もできる。