大阪のおすすめコワーキングスペース「Actbe Horie」と「THE LINKS北浜」

今回は、私がよく利用している大阪市内のおすすめコワーキングスペースの紹介です。1つはActbe Horie、そしてもう1つはTHE LINKS北浜です。実際に利用した感想も書きます。



目次

(1) なぜ作業・仕事目的でカフェを頻繁に利用すべきでないのか?カフェのデメリット、コワーキングスペースのメリット

(2) 堀江のコワーキングスペースActbe Horie

(3) 淀屋橋のTHE LINKS北浜



(1) なぜ作業・仕事目的でカフェを頻繁に利用すべきでないのか?カフェのデメリット、コワーキングスペースのメリット



もちろん作業・仕事の合間の気分転換とか、会話目的ならばカフェは素晴らしい場所でしょう。季節ごとに変わる美味しそうなメニューも魅力的です。

ですが、こと作業・仕事をするという点では、やはり不便です。作業効率は落ちます。その理由はいくつかありますが、私が考えるカフェのデメリットは以下の点です。

セキュリティの問題

トイレに行く場合、机上の荷物をどうするのかということです。財布とスマホは持っていくとしてもノートパソコンや手帳または重要な資料などを毎回トイレに持ちこむの不便でしょう。

コワーキングスペースならば、基本的にどこも会員制(ドロップインでも会員登録が必要なところが多い)のため、ある程度は利用者の信用度が保証されています。まぁある程度でしかありませんが。それでもカフェと比べればマシです。

そのためコワーキングスペースではトイレにいく際、あるいはちょっと外出するときでも必要最低限の貴重品だけ持っていけば足ります。

ネット環境が貧弱

最近は有名なカフェやチェーン店のカフェでは無料Wifiがしっかりと導入されていますが、しかし、その利用のためにちょっとした登録が必要だったり、Wifiが弱かったり、多人数が利用するため接続状態が不安定だったり、はたまた限られた時間だけ利用できるにすぎないなどの弱点があります。

もちろんそうでないカフェもあるでしょうが、おそらくまだまだ少数派でしょう。

ですがコワーキングスペースはそもそもが作業場所・仕事場を提供するサービスであるため、しっかりとした安定かつ強いWifi(ネット環境)が用意されています。もちろん利用料に含まれているため、1日中朝から晩まで使えます。

一時的な外出ができない

当然ですがカフェは席だけキープしておき、一時的に外出するのは基本的には不可能です。戻ってきた場合にはまた何かを注文しなければなりませんし、座席が空いていないこともあります。

ですが、コワーキングスペースは通常は一時的な外出が自由に可能なところがほとんであり、それこそ2時間ぐらい外で何かをしてから戻ってくることも可能です。もちろんその際に改めて料金をとられることはありません。コンビニにスイーツを買いに行くのも良いでしょう。また、リフレッシュするためにそれこそ近くのカフェに行き、その後戻ってきて作業というのも柔軟に可能です。

うるさい

人によってはある程度は喧噪・雑音があったほうが集中できるというのも確かでしょう。ただし、ある程度は、です。

ところがオシャレなカフェというものは人気でるあることが多く、不特定多数の人間が多数かつ、各自が好き勝手にいろんな話をしているので、集中するための雑音というレベルを超えることが多いです。自分の隣の席が「ハズレ」となることがあるでしょう。

そうなればせっかくお金を出しているのに、本来の目的である作業への集中が不十分となり、非常に不満の残る1日となってしまいます。

この点コワーキングスペースは、普通は利用者がビジネスマンなどの大人がほとんどであり、しかも誰しも作業に没頭していたり、また、大人のため周囲への配慮も上手なため、限度を超えた雑音が生じることはありません。

カフェを多数回の利用はお金がかかる

あとは結局、カフェを頻繁に長時間利用するとなるとやはり思った以上に出費がかさみます。そもそもカフェの長時間利用(ここでは2時間以上と仮定します)は心理的に憚られるもの。そのため一定の時間ごとに改めて注文しようとするでしょう。たとえコーヒー一杯であっても。

しかしコワーキングスペースの大部分は、今風のコーヒーマシンやウオーターサーバーが常備されていて、無料で飲み放題です。私が今回紹介するコワーキングスペースも無料でコーヒーや紅茶が飲み放題で、しかも美味しいです。最近はどこの会社もコーヒーなどに力を入れているので、スターバックスなどにいかなくても、とても美味しいコーヒーが朝から楽しめます。

「頻繁」かつ「長時間」カフェを利用するならば、出費という点でもコワーキングスペースに軍配があがるでしょう。

以上のように私は「頻繁」かつ「長時間」カフェを利用するならば、コワーキングスペースの利用をおすすめします。

そこで、私が実際によく現在利用させてもらっているコワーキングスペースをご紹介します。

(2)堀江のコワーキングスペースActbe Horie

大阪のコワーキングスペースActbe Horie
© 2019 ACTBE Horie | 大阪市西区堀江のコワーキングスペース 公式サイトより



公式サイト:Actbe Horie



Actbe Horieは、大阪のおしゃれエリアとして有名な堀江地区にあり、WEBデザインを事業としている会社がその2階にコワーキングスペースを提供しています。

公式Instagramでいろいろ雰囲気をチェックしてみてください。



私がActbe Horieをよく利用している理由は、次の点です。

  • おしゃれだけどシンプルなデザインで作業に集中しやすい
  • 窓際の席から外が見える。2Fからの眺めなので楽しい
  • コーヒーが美味しい。紅茶の茶葉も種類が豊富で美味
  • 街の喧噪から少し離れているので周囲の環境も含めて静か
  • 電源も豊富
  • 会議室がおしゃれ
  • 1日中利用しても1000円という安さ
  • 基本的に土曜日曜祝日でも営業している



作業にしっかりと集中できるという点で、はっきりいって最高です。いろいろな点でシンプルだけど、それは作業・仕事がしやすさを実現するためのシンプルさであるということです。私の利用目的という観点からは、大阪市内で一番好きなコワーキングスペースです。

大阪のコワーキングスペースActbe Horie



こんな感じで作業・勉強しています。座席の全てに電源があり、しかも机が非常に大きいため、作業スペースが十分・贅沢に取れます。こちらのコワーキングスペースがもつこのメリットはカフェには無い大きなメリットです。

もちろん利用者が多くなればこのような潤沢なスペースの使い方は難しくなりますので、あまりこちらのコワーキングスペースを紹介したくはないというのが本音ではあります。それほどまでに気に入っているスペースだというわけです。



なお周囲には歩いてすぐのところにコンビニがあったり、有名なカフェなども多数あります。

他のお客さんはわりと若い年齢の、おそらくプログラマーやWEB系の人が多いと見受けられます。そこはやはり、運営会社がWEBデザインやWEBサイト構築などのWEB系の会社だからでしょうか。

とにかく日の当たる窓際での作業は快適です。たとえ雨の日でも窓ガラスを濡らす雨雫を見るのは心が落ち着きます。

なおBGMが流れていますが、音量も選曲(?)も仕事場・作業場として適切なもので、決して邪魔をするものではなく、むしろ適度な「捗り」の一助になるものだと感じています。

公式サイトActbe Horie
料金ドロップイン利用料金 ¥1,000/ 1日
月極利用料金 ¥12,000/ 月
など
アクセス大阪メトロ四つ橋線/四ツ橋駅 6番出口 徒歩5分
大阪メトロ御堂筋線/心斎橋駅 7番出口 徒歩11分
大阪メトロ長堀鶴見緑地線/西大橋駅 4番出口 徒歩4分
営業時間平日 9:00 〜 22:00
土・日・祝 9:00 〜 18:00





(3) 淀屋橋のTHE LINKS北浜

大阪コワーキングスペースTHE LINKS 北浜
© 2016 THE LINKS. All Rights Reserved 公式サイトより



公式サイト:THE LINKS 北浜

2つ目のおすすめコワーキングスペースはこちら、大阪のビジネス街で近年不動産的にもホットなエリア、淀屋橋にあるTHE LINKS 北浜です。

大阪コワーキングスペースTHE LINKS 北浜



こんな感じで作業しています。

やはりビジネス街にあるだけにお客さんの年齢層は他のコワーキングスペースよりも高めだと思われます。実際に私が見る他のお客さんは、だいたい30歳以上から50歳あたりがほとんどだと思います。服装や言動も落ち着いた人がほとんどです。

公式Instagramです。いろいろ雰囲気をチェックしてみてください。



私がこちらをよく利用している理由は、次のようなものです。

  • コーヒーが美味。しかも夏場はアイスコーヒーが冷蔵庫にあって飲み放題
  • 大人の落ち着いた雰囲気で集中できる
  • ビジネス雑誌・書籍が用意されていて読める
  • 電話用の専用ブースがあるため、電話やSkypeなどが利用しやすい
  • 会議室がオシャレで、しかも月極会員になれば格安で利用可能
  • 地下鉄御堂筋線の淀屋橋駅から近く、アクセス良好
  • 周辺にオシャレカフェ・有名カフェが多いうえに、川が近く、散歩エリアとしても人気なので気分転換に散歩したりできる
  • コンビニもすぐ近くに複数
  • 梅田まで歩いていける



上で紹介したActbe Horieとはまた異なった雰囲気のオシャレなスペースで、こちらも非常に使い勝手の良い、仕事や勉強が捗るスペースです。



ただ人気のため平日の昼間は満席なことが多く、土曜日も午後からはけっこうお客さんがいるときがあります。私が利用する日も、1日最低1人か2人は見学に来ているのを見ます。

公式サイトTHE LINKS 北浜
料金ドロップイン利用料金 ¥500/ 時間(最大 ¥2,000/ 日)
月極利用料金 ¥13,800/ 月(入会金¥3,000)
など
アクセス大阪メトロ四つ橋線/四ツ橋駅 6番出口 徒歩5分
大阪メトロ御堂筋線/心斎橋駅 7番出口 徒歩11分
大阪メトロ長堀鶴見緑地線/西大橋駅 4番出口 徒歩4分
営業時間平日 09:00 – 22:00
土曜日 09:00 – 20:00